【自分で間違いに気づき、自分で直す】ための【聴くクセ】をつける♪

【出来る】ためには自分で【間違いに気付く】ことが大切ですね^^♪

みなさまこんにちは。

ピアノ講師&ピアニスト(スマイリングHPJ支援アーティスト)の矢田美麗です。

昨日の記事にも書きましたが「出来る」ことが生徒さんの「やる気」にもつながりますよね。

でも、それでもどうしても出来ない箇所や、苦手な箇所が出てくると思います。

例えば私のフルートで言えば、高音の「ミ」の音が出しにくいのです。

音が安定しないし、きれいな音が出ない。

トランペットで言えば、運指の「1,3」で吹く実音「ド」の音が出しにくいです。

これも、ちょっとした【コツ】を覚えれば、簡単に出来るようになるはず!

と、今その【コツ】捜しに夢中になっております(^^;

ピアノで言うと、例えば「右手が4の指、左手が3の指」を同時に弾くというような時に、

つい、右手と同じ指で左手も「4」の音を弾いてしまう。

「2,3,4」と続かずに「2,4,5」と指を動かして弾く時に、

ついうっかりして「2,3,4」と弾いてしまう。

こういった、【指がうまくまわらない、動かない】などの生徒さんには、

【指あそび】をして頭を柔らかくしてもらったりします^^♪

右手をパーにして、私がランダムに言った右手の指番号を指を

左手の人差し指で指してもらうのですが、

どんどんと次の指番号を言って行き、スピードをつけてみます。

小さい生徒さんなどは面白がって遊んでくれたりします^^♪

そして上記のような、指をうっかりしてしまう「ミス」は、

生徒さん自身がまだ習い始めて間もなかったりした場合、【耳、音感】がついてないことが多いですから、

音を間違えても【自分で気づかない】ことが多いんですね。

弾くことに夢中になり音をよく聴けてない、という場合が多いと思います。

【聴く】ということ。

もし、生徒さんが「自分の音が聴けていないな」と感じたら、

私は生徒さんに

目をつぶって弾いてもらったりします!

目が見えないだけで、自分の音がよおおく聴こえてくるんですよ!

あるいは、鍵盤が見えない位置に立ってもらい、音あてクイズをしてみるのも良いです♪

でもこれはある程度、ソルフェージュをやった生徒さんに行っています。

ド、レ、ミ、くらいの音までは、しっかりと自分で音程を取って歌える生徒さんにです。

【聴く】が【クセ】になったら、間違いにも気づきやすくなりますね^^♪

新年度(2016年 平成28年度)新規生徒さん募集中です音譜

年間36回コースや、音感レッスンのみ受けられる【音感集中コース】も設立!

【コーチングレスナーマスターコース】も加わり、ピアノ指導者、特に上級の生徒さんを指導する指導者の方におすすめです♪

オリジナル脱力メソッド・オリジナル音感メソッドもお渡しします!

詳しくはお問い合わせください♪

お問い合わせはこちらまで

【美麗 PIANO ROOM】千葉県市川市~船橋市♪コーチングピアノ教室♪

市川〜船橋・コーチングピアノ教室 子どもから大人/ピアノ指導者も♪ 感性を引き出すコーチングピアノ教室♪ お母さんの『練習しなさい』を自ら【練習したい!】に変える! オリジナル脱力メソッドで美しい音色になる! 何時間弾いていても腕が痛くならない!音が綺麗! 個性深く感性豊かな演奏に♪

0コメント

  • 1000 / 1000